<< 超過勤務、過大報告させ手当受給…神戸の財団(読売新聞) | main | 飲酒運転死亡事故、検察側がアニメで状況説明(読売新聞) >>

スポンサーサイト

  • 2010.05.28 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


<天然記念物き損容疑>「シカ売れば金に」 新たに1人逮捕(毎日新聞)

 奈良市の奈良公園でボーガン(洋弓銃)の矢が刺さったシカが死んだ事件で、文化財保護法違反(天然記念物のき損)容疑で逮捕された津市芸濃町、飲食店経営、稲垣銀次郎容疑者(39)が「金に困っていた。シカを売れば金になると聞いた」と供述していることが13日、奈良県警への取材で分かった。シカは食用での需要が増えており県警は捕獲しやすい奈良公園のシカを狙ったとみて調べている。

 県警は同日、新たに稲垣容疑者の知人の女で三重県亀山市みずほ台、飲食店員、伊達恵容疑者(37)を同法違反容疑で逮捕。2人の自宅などからボーガン2丁と矢9本などを押収した。伊達容疑者は「奈良まで行ったが矢は撃っていない」と容疑を否認しているという。

 2人の逮捕容疑は共謀して3月12〜13日未明、公園内の春日大社境内で、シカに矢(長さ約52センチ)を放ち、死なせた疑い。

 県警によると、事件直後「シカ肉を食べないか」と話している男がいるとの情報を得て捜査。3月12日夜、奈良市内のコンビニエンスストアや現場近くの防犯カメラに、稲垣容疑者の姿や所有する軽トラックが映っているのを確認した。奈良県天川村猟友会の根来群二副会長によると、野生シカの肉は1キロ5000円前後で売れるという。【上野宏人、岡奈津希、山田宏太郎】

【関連ニュース】
文化財保護法違反:39歳容疑者逮捕 シカにボーガン
文化財保護法違反:30代男聴取へ 矢でシカ死なせた疑い
文化財保護法違反:死んだ雌ジカ 妊娠していたと判明
奈良公園:矢の刺さったシカ死ぬ
奈良公園:雌ジカの左腹にボーガンの矢 重傷

家族ら弁護士に相談図る=父のカード取り上げ、借金膨らむ−逮捕の長男・5人殺傷(時事通信)
【from Editor】懐かしい上坂先生の一喝(産経新聞)
<改正道交法>高齢ドライバー専用の駐車スペース設置へ(毎日新聞)
J:COMケーブルテレビ回線電話が復旧(産経新聞)
<ローソン>3000万円要求の脅迫文書が届く…警視庁捜査(毎日新聞)

スポンサーサイト

  • 2010.05.28 Friday
  • -
  • 14:54
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック